ホワイトニング|川口の歯医者|うけがわ歯科

厚生労働省認定臨床研修施設

埼玉県・川口歯科医師会所属

診療時間

ネット予約はこちら

048-256-8148

埼玉県川口市川口4-11-8 大野ビル1F

うけがわ歯科元郷/うけがわ歯科弥平・矯正歯科HP▶︎

ホワイトニング

白くキレイな歯で印象を良くできる!

ホワイトニング

白くキレイな歯は笑顔となった際に相手に好印象を与えます。また清潔なイメージを持ってもらえますので、特に初対面での印象に影響を与えるものと思います。ホワイトニングでは歯磨きやクリーニングなどでは改善できない変色に対して、歯を削らずに白い歯へと変えていく治療方法です。着色・変色の目立つ歯では自信を持って笑顔になれないという方も少なくないと聞いています。ぜひ当院のホワイトニングで、自信を持って笑顔になれる歯になって下さい。

症例

5つのホワイトニング方法

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングはその名の通りご自宅で行えるホワイトニング方法になります。歯科医院にてマウスピースを作成し、ホワイトニング剤を塗布して1日数時間の装着を一定期間続けていきます。白さを実感するまでには個人差がありますが、早い方ですと2~3日ほどで白くなってきたのを確認することができます。オフィスホワイトニングと比べると治療期間が長く少しずつホワイトニングを行っていく形となりますが、白い状態を長く維持できるメリットがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング歯科医院にてホワイトニングの全ての処置を行う方法です。歯科衛生士により専用の薬剤を塗布し、色素の分解を促進していきます。

白さを短期間で得られるため、オフィスホワイトニングを選択される方は大変多くなっています。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングこちらはホームとオフィスの両方を平行して行っていく方法です。オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニングの持続性の両方を得ることができ、通常のホワイトニングよりもさらに白く、そして長持ちさせたい方にオススメです。

結婚や就職活動を控えた方や営業職や接客業の方が希望されることが多くなっています。

歯ぐきのピーリング(黒ずみ除去)

歯ぐきのピーリング歯ぐきは歯と同じように食べ物やタバコのなどの影響を受けやすく、また年齢を重ねていくにつれて黒ずんでいってしまいます。この黒ずみを除去して健康的なピンクの歯ぐきにしていくのが、歯ぐきのピーリングになります。

肌のピーリングと同様に古くなった角質をレーザーにより黒ずんだ表面組織をはがしていき、肌の新陳代謝を促進しピンクの歯ぐきを復活させていきます。

神経を取った黒ずんだ歯のホワイトニング

神経を取った歯は内側から徐々に黒ずんでいってしまいます。このような歯へは歯の裏側に小さな穴を開け、そこから専用の薬剤を注入していきます。数週間に一度のペースで内部の薬剤を交換していくことにより、歯を内側から白くしていくことができます。

黒ずんだ歯のホワイトニング

歯はなぜ黄ばんでしまうのか

黒ずんだ歯のホワイトニング

そもそも歯は年齢を重ねていくにつれ、少しずつ黄ばんでいきます。着色しやすい食べ物や喫煙が原因となって、その黄ばみをより強くしてしまうことも多くあります。

また年齢とともに進む黄ばみは、歯の内部の象牙質が黄ばんでいってしまうのと、表面のエナメル質が摩耗していくため、より目立つようになります。エナメル質は半透明のため、薄くなれば薄くなるほど、内側の象牙質の色を反映しやすいため、黄ばみが目立って見えるようになるのです。そしてエナメル質の外側にはペリクルという薄い膜があり、この膜は虫歯菌が発生させる酸から歯を守っていく働きがあるのですが、色素を引きつけてしまうという特徴があるため、歯垢が歯に付着すると着色をもたらしてしまうことになります。

ホワイトニングを行う際の注意

ホワイトニングは専用の薬剤に配合されている過酸化水素または過酸化尿素が着色色素を分解していき、歯本来の白さを取り戻す方法です。歯自体を傷めずに内部にしっかりと浸透させることができるため、白くキレイな歯とすることができます。

色が戻ってしまうことがある

歯の内側(象牙質)は年齢に合わせた自然な色へと戻っていきます。そのためホワイトニングを行った際には白くなっていても、時間が経つにつれてホワイトニング前の色に近づいていってしまいます。このような色戻りを防ぐには定期的にホワイトニングを行っていく必要があります。

知覚過敏となる場合がある

歯に薬剤を浸透させていくため、一時的に知覚過敏となる場合がありますが、長期間症状が続くことはありませんので、ご安心下さい。長期間続く際にはホワイトニングを中断し、経過を確認してその後の再開を判断致します。

妊娠中や授乳中はNG

ホワイトニングの薬剤が胎児や乳児にどのような影響を与えるのか、これについて確証のもてるデータがありません。そのため妊娠中や授乳中のホワイトニングは避けておくのが無難と考えます。考えられるリスク等にはご相談を頂いた際にわかりやすくご説明をさせて頂きます。

川口にてホワイトニング治療をご検討の際には当院まで

ホワイトニング治療

当院では患者様の生活環境に合わせて、複数のホワイトニング法をご案内しております。ご質問等がある際にはわかりやすくご説明をさせて頂きますので、川口にてホワイトニング治療をご検討の際にはうけがわ歯科までお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

トップへ戻る