矯正歯科|川口の歯医者|うけがわ歯科

厚生労働省認定臨床研修施設

埼玉県・川口歯科医師会所属

診療時間

ネット予約はこちら

048-256-8148

埼玉県川口市川口4-11-8 大野ビル1F

うけがわ歯科元郷/うけがわ歯科弥平・矯正歯科HP▶︎

矯正歯科

目立ちにくい歯列矯正

目立ちにくい歯列矯正

当院では歯列矯正の際に目立ちにくさを考慮して装置選びを行っています。通常の矯正装置は金属製のものが多く、お口を開けた際にとても目立ちやすくなります。当院では以下の2つの目立ちにくい矯正装置を使用しての治療をおすすめしています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正マウスピースを使用しての矯正はワイヤーなどの金属を使用していないため目立ちにくく、そしてお口の中を傷つけてしまう心配の少ないものとなっています。

食事や歯磨きの際には取り外すことができますので、生活リズムを大きく変えてしまうものとならないのもメリットとなっています。

矯正装置の透明化

矯正装置最も多く行われる矯正方法としてはワイヤーとブラケットを使用したものですが、金属製が一般的のため、お口を開けた際にどうしても目立ってしまいます。

当院では、目立ちにくい透明な素材でできたワイヤーや、ブラケット使用した矯正装置などをご案内しています。

歯列矯正の無料相談

無料相談当院では歯列矯正についての無料相談を実施しております。お子様の小児矯正にも対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご利用頂ければと思います。

また他医院とのセカンドオピニオンにも対応させて頂きますので、歯列矯正についての疑問やご不安に思われる点など、遠慮なくお話下さい。

部分矯正は5万円~

全ての歯ではなく部分的に数本を直したいという方には、部分矯正をご案内しています。歯並びの状態次第では1~3本の位置を矯正するだけで、とてもキレイな歯並びとなることもありますので、お気軽にご相談下さい。全体を矯正すると長期の治療期間が必要ですが、部分矯正は比較的短い期間で費用の負担も抑えられます。

歯列矯正で改善が期待できる不正歯列

不正歯列

不正歯列とは歯並びのトラブルについての状態を指します。歯列矯正にて改善が期待できる不正歯列には以下のような種類がありますので、ご確認下さい。

出っ歯

出っ歯

上の歯が前につきだしている状態で、咬み合わせが悪く咀嚼が上手くできない場合があります。咬み癖がついてしまうことも多く、顎の関節に大きな負担をかけていることも考えられます。さらに顔全体の印象を変えてしまう可能性も考えられます。

開咬

反対咬合

奥歯で咬み合わせた際に前歯が浮いてしまう状態です。咀嚼の際に奥歯への負担が大きくなるため、噛み癖がついたり顎の関節を痛めてしまう可能性があります。また口を開けている状態が長くなるため乾燥しやすく、歯周病になりやすい不正歯列です。

反対咬合

八重歯・叢生

下の顎が前に出ている状態で、咀嚼しづらく歯ぐきも下がってしまいやすいため、歯周病のリスクが高い不正歯列です。発音に影響を与えることも多く、聞き取りにくい話し方をされる方が多く見られます。

叢生・八重歯

八重歯

歯が互い違いに生えている状態で、凸凹の状態です。見た目があまり良くないだけでなく、歯磨きのしづらい状態のため、虫歯や歯周病となってしまうリスクが高い不正歯列と言えます。この状態の方のほとんどは虫歯や歯周病を患っていると言われています。

すきっ歯

すきっ歯

歯間が大きく空いている状態で、食べ物が間に入りやすく、見た目にも隙間が目立ってしまいます。顎の大きさと比べて歯が小さかったり、歯の本数が少ない方に見られることが多い不正歯列です。

過蓋咬合

開咬

咬み合わせが深すぎる歯列です。下の歯が半分以上見えない状態まで上の歯が咬み合わさる状態で、下の歯が上の歯を削ってしまったり、下の歯が喉側に倒れてしまう原因を作る不正歯列です。

抜歯をしない矯正を第一に

抜歯をしない矯正

以前の矯正治療では歯を移動させる際の十分なスペースが確保できないと、抜歯をして歯の本数を少なくしてスペースを確保するという治療方法も一般的でした。ですがこの際に抜歯となる歯は強く咬むのにとても重要な歯が選択されることも少なくありません。そのため咬むという機能面を考慮すると抜歯を回避しての矯正治療が何よりです。当院では様々な治療方法により可能な限り抜歯を行わない歯列矯正を行っています。また抜歯となった際にもかみ合わせに影響を与えにくい親知らずなどの選択を優先し、歯の機能を損なわないように工夫をさせて頂きます。

歯科矯正治療の流れ

① 初診相談

まず歯並びの状態を確認させて頂きます。この状態から患者様のご要望の歯並びとするための治療に必要な期間や費用などについてご案内をさせて頂きます。初診では30~60分程度のお時間を頂きますが、ご不安に思われる点については遠慮なくご質問頂ければと思います。また未成年の方は保護者の方の同席が必要となりますので、あらかじめご了承下さい。

② 精密検査

矯正治療が必要となった際には、レントゲンや歯形など、治療に必要な情報を集めさせて頂きます。この情報に応じて矯正の方針を決定します。

③ 虫歯・歯周病の治療

虫歯や歯周病がある人は、まずこの段階で治療を行います。これらは初期治療と呼ばれますが、初期治療なしで矯正治療に進むと症状を悪化させる原因となりますので初期治療後の矯正スタートとなります。

④ 治療スタート

ワイヤー矯正であれば歯にブラケットを装着しワイヤーを通します。マウスピース矯正ならマウスピースをお渡しし所定の時間、毎日装着していただきます。少しずつ歯が動いていきます。

⑤ 定期的な通院

月に1回ずつ程度通院いただき、状況をみます。同時に歯並びだけでなく、虫歯や歯周病のチェックも行います。矯正治療期間は症状にもよりますが、概ね1年~3年以内には終わります。

⑥ 保定期間

矯正治療を終えても、歯は次第に元に戻ろうとするため、後戻りが起こってしまうこともあります。キレイなは並びを維持させていくためには、治療を終えてから1~3年ほど保定装置を装着して頂き、歯並びや咬み合わせの状態を確認するため、定期的に通院して頂くことも必要になります。

矯正治療に関するQ&A

歯並びが悪いとどのような悪影響がありますか?

・重なり合った歯列など、ケアがしづらいことから虫歯や歯周病リスクが高まり、歯の寿命が短くなる。
・咬み合わせが合っていないと顎骨にも大きな負担がかかり、正常な成長や発育が阻害される。
・コンプレックス等を感じるなど
上記のような問題が生じる可能性がございます。

治療期間はどの位かかりますか?

症例によって様々です。少量の歯を移動する部分矯正などでは、数ヶ月~半年で改善出来るようなケースもありますが、全顎の矯正は、1年半~3年と長期的な期間が必要となります。さらに歯の移動後は、後戻りを防止するための保定期間も1~2年程必要となります。また、出来るだけ無理のないよう歯を少しずつ移動するため、当初の計画より期間が長引く可能性もございます。

注意点やリスクなどはありますか?

矯正治療開始時や装置の調整後すぐは、歯が引っ張られる感覚や矯正に伴う痛み等を強く感じることがございます。慣れと共に少しずつ緩和されて行きます。矯正治療後は、保定装置を使用しなければ後戻りするリスクがございます。

 

成人矯正の料金表

名称 料金(税抜)
相談 無料
診断料 ¥30,000(税抜)
大人(上下) ¥600,000(税抜)
リテーナー(片顎) ¥20,000(税抜)
調整料(毎月1回) ¥5,000(税抜)
観察料(毎月1回) ¥3,000(税抜)
MTM ¥50,000~¥150,000(税抜)

川口にて歯並び矯正をご検討の際には当院まで

歯並び矯正

当院では歯並び矯正についての無料相談を行っておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。大人だけでなくお子様の矯正治療についてもご案内をしておりますので、お子様の将来の歯並びについての疑問・質問がある際にもぜひご利用下さい。当院では患者様のお口の状態に合わせて様々な矯正方法をご提案しています。矯正治療は長期的な治療となりますが、川口駅近くの当院であれば、通院もしやすいのではないかと思います。川口にて歯並び矯正をご検討の際には、ぜひうけがわ歯科までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る