虫歯治療・根管治療|川口の歯医者|うけがわ歯科川口(本院)

新型コロナウィルス対策について

外来環・か強診認定歯科医院

埼玉県・川口歯科医師会所属

診療時間

ネット予約はこちら

050-5330-1236

埼玉県川口市川口4-11-8 大野ビル1F

川口駅からのご来院方法はこちらから▶︎

審美治療

マウスピース矯正

虫歯治療・根管治療

重症化した虫歯には根管治療が必要です

根管治療

虫歯が重症化すると、神経のある根管内まで虫歯が進行し、神経への治療が必要となります。神経が虫歯菌に感染してしまうと強い痛みを感じることとなり、さらに進行することにより膿の塊が歯の根にできてしまい、最終的には骨や歯ぐきなどの組織を失ってしまうことになります。神経まで到達した重症化した虫歯への治療では根管治療を行い、内部に入り込んだ虫歯菌を除去していきます。根管治療は虫歯での抜歯を防ぐのにとても重要な治療方法となっています。根管内まで虫歯菌が侵入する前に治療した方が良いのは当然ですが、重症化してしまった場合でも、根管治療で改善が期待できる範囲であれば、抜歯をせず自身の歯を残しての治療が可能となります。

根管内は複雑に入り組んでいるため治療は難しい

根管内は狭く、さらに入り組んでいるため、その構造はとても複雑です。人によって同じ部位の歯でも構造が異なります。また年齢とともに石灰化も進んでいく部分ですので、同じ形状の根管はないといっても過言ではありません。このように根管内は複雑な構造となっているため、肉眼では確認できず、さらにレントゲンでも適切に判断することができないことも多くあります。そのため、根管治療には高い技術と豊富な経験が求められます。適切に治療ができないまま患部を塞いでしまうと、虫歯が再発するリスクが高く、さらに神経がなくなっているため、気づいた時には大きな虫歯となっている可能性も高いと言えます。当院は様々なリスクと向き合い、適切な根管治療となるように丁寧な治療を心がけております。

精密根管治療で抜歯のリスクを軽減

根管には神経や血管があり、この部分が虫歯菌に侵されると歯を維持していくことが難しくなります。症状の重さによっては抜歯を検討せざるを得ないケースもありますが、当院では歯科用の拡大鏡を使用した精密根管治療で、抜歯せずに治療できる範囲が拡大されました。拡大鏡により肉眼では確認することのできなかった部分もしっかりと判断できるようになり、虫歯菌に侵されている部分の取り残しを減らすことができます。

MTAセメントを用いた根管治療で歯を保存した症例

こちらの患者さんは他院にて右上2番の根管治療中でしたが、歯がもたないのでインプラント治療の方がいいと勧められたとのことです。そのため、当院にてセカンドオピニオンを希望されました。右上1の被せ物の色も気になるとのことでした。

初診時の口腔内

初診時の口腔内

初診時の口腔内です。右上1番の被せ物が白く歯肉も退縮していました。また、主訴である右上2番の治療途中の歯は、失活歯(神経がない歯)なので変色して色が濃くなっていました。裏側は被せ物が破損しています。

【治療方針】
前医にて抜歯と診断されましたが、当院でも確認を行い、歯質が薄いものの特にヒビも入っていないので、保存可能と判断しました。患者さんに同意をいただき、根管治療を行う事にしました。

根管治療の実施

根管治療を行い、症状を改善します。

▼根管治療直後のレントゲン写真

根管治療後のレントゲン写真

右上1・2番に根尖病変(歯根の先端部分の病気)を確認(黄色◯)。右上2番の根尖孔(歯の根から骨へ通じる小さな穴)が拡大されていました。根管治療で根管内部の清掃・殺菌をした後、MTAセメントにて根管充填をしました。

▼根管治療後2ヶ月後のレントゲン写真

根管治療後2ヶ月後のレントゲン写真

2ヵ月後の経過観察では、右上1・2番ともに根尖病変が消失していました。最終的な被せ物を製作するため、右上1・2番の歯型を採取しました。

被せ物を装着して治療完了

被せ物を装着して治療完了

完成したジルコニアセラミック冠を装着後、咬み合わせの調整を行い、治療完了です。

年齢・性別 30代 女性
治療期間 4ヵ月
治療回数 10回
治療費用 ジルコニアセラミック 165,000円(税込)×2本
MTAセメント 22,000円(税込)
合計 352,000円
リスク ・右上2番は過去に何度も治療を行っているので、歯質が薄く今後、歯根破折の危険性がある。

つめ物・被せ物(審美歯科)治療ページ>>

虫歯ってどんな病気?

虫歯のプロセス(請川院長作・絵本「むしばいばい」より)

虫歯ってなに

① ミュータンス菌の感染

ミュータンス菌は大好物の砂糖やでんぷんを、べとべとの、のりの状態に変えて歯にくっついていきます。

② ミュータンス菌の定着(バイオフィルム)

③ 脱灰

これをプラーク(歯垢)といい、この絵本では、「白いうんち」として表現しています。ミュータンス菌はプラークをすみかとして酸を生産し、 歯を溶かして虫歯を引き起こします。

④ 虫歯の形成

実はお口の中には良い菌と悪い菌が多く存在します。その中でも虫歯の一番の原因菌と言われているのがミュータンス菌です。ミュータンス菌はお口の中の砂糖(糖分)を分解してプラーク(歯垢)を作ります。プラーク1gの中に、なんと1億以上もの菌が存在しています。ミュータンス菌はこのプラークを住処にし、酸を作り、徐々に歯を溶かしていきます。虫歯とは酸によって歯が溶かされる病気なのです。

ミュータンス菌はどこからくるの?

ミュータンス菌ミュータンス菌は感染菌です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在していません。では、どこから来るのでしょうか?

実は生後3年までの間に、主に保護者(親など)から感染するのです。例えば、ミュータンス菌を持っているお母さんやお父さんが使った箸やスプーンなどを、そのままお子さんの口に入れてしまう。これにより菌が移り感染してしまいます。

けとはいえ、毎回感染を意識しながら子供にご飯を食べさせるのって大変ですよね。特にこの時期は子供の内面を育てる上でもとても大事な時期です。お子さんと触れ合う回数が愛情の表現にも繋がるのではないでしょうか。まずはお父さん、お母さんがお口の健康を整えて、大切なお子さんにミュータンス菌を移さないようにしてください。

虫歯は菌が糖を分解してプラークをつくり、そこから酸を生産し、歯を溶かしていきます。つまり虫歯とは「歯(質)」と「細菌(歯垢)」と「食物(糖質)」の三つの要素が重なり合うことで発生します。そしてさらに「時間」の要素が加わることで、悪化していきます。

酸によって歯が溶かされることを「脱灰」と言うのに対して、唾液の力で歯を元通りにしようとする力を「再石灰化」と言います。人間は食事のたびに「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。

食べ始めてから「脱灰」が起こるまでの時間が約2~3分に対し、「再石灰化」が起こるまでは約20~40分かかります。虫歯にならないためには、この時間のバランスが大事になってきます。朝昼夕のごはんの合間に間食してしまう、なんてことありませんか?再石灰化の途中で食べ物を食べてしまうと、元に戻ろうとする体の力を妨害し、また脱灰が始まってしまいます。

「再石灰化」されずに「脱灰」がずっと起こっていることは、歯の表面がどんどん溶かされているということ、つまりこれが虫歯の始まりなのです。昔から言われている、規則正しい食生活というのは、体の健康に繋るだけでなく、歯の健康にも繋がっているのです。

再石灰化が起こるまで

▲規則正しい食生活だと再石灰化の時間が確保されているので、歯質は溶けず虫歯にならない。

再石灰化が起こるまで

▲間食ばかりしていると、再石灰化する時間がない。つまり、虫歯になってしまう。

ポイント1 「脱灰」と「再石灰化」のバランスを保つ

あなたは虫歯になりやすい?

脱灰と再石灰化のバランス

世の中には、毎日一生懸命歯ブラシをしているのに、虫歯に悩まされてしまう人。普段きちんと歯みがきできていなくても、虫歯が一本もない人がいます。どうしてこのような違いが生まれるのでしょうか。実はお口の中は人それぞれ。一人ひとり性格が違うようにお口の中の環境も違ってきます。まずは自分がどういう状態なのか、歯医者に通い見極めることが大事になってきます。簡単な一例を挙げてみましょう。

歯が弱い人

エナメル質が薄いなど、生まれ持ったものがあります。そういう人はいくら歯みがきをしても、虫歯になりやすくなってしまいます。

形や歯並びが悪い人

歯の形や歯の並びが悪いとどうしても磨き残しがでてしまいます。歯間ブラシやデンタルフロスを用いるなど、磨き残しがなくなるように気を付ける必要があります。また歯医者に通い定期的にチェックしてもらうのも大事です。

虫歯菌が多い人

前項でも述べたように、虫歯菌の主たる病原菌はミュータンス菌です。この数が多ければ多いほど、虫歯になりやすくなります。

唾液の少ない人

唾液には口の中を酸性から中性に変える力があります。なので唾液の量が少ない人(ドライマウスなど)は、お口の中が酸性のままのため、やはり虫歯にもなりやすくなってしまいます。

このように、お口の中は千差万別です。まずは自分の状態を把握することから始めてみてはいかがでしょうか。

唾液の隠された力・・・

もともと人間の体には虫歯と戦おうとする力、抵抗力があります。主に唾液と歯の力です。 たまに、歯みがきもろくにしていないのに、今まで虫歯になったことがないと言う人がいます。これは体の抵抗力つまり、唾液に秘密があります。 唾液には主に4つの働きがあります。

自浄作用

歯の表面の食べカスを洗い流してくれる。

殺菌・抗菌作用

口の中の細菌の増殖を抑える。

PH緩衝作用

酸性に傾いた口内のPHを中性に戻して虫歯を予防する。

再石灰化作用

酸によって溶けかかった歯の表面を修復し虫歯を防ぐ。

もう少し細かく見てみると・・・

  • 噛みやすく、飲み込みやすくする働き
  • 味を感じさせる働き
  • 風邪などの細菌が体に入らないようにする働き
  • 新しい歯の表面を硬くする働き
  • 口の中を洗い流して清潔にする働き
  • 口の中を潤わせ、発声をスムーズにする働き
  • 食べ物を消化する働き
  • 口臭を抑える働き
  • 粘膜の傷を治しやすくする

と言ったように様々な役割を持っています。

つまり唾液がたくさん出る人ほど、虫歯になりにくいということになります。では唾液はどのくらい出ていれば正常な量なのでしょうか。一日に約1000~1500mlほど分泌されると言われています。ただ、唾液の量は身体の状態に非常に敏感です。緊張したりして口の中が乾くという経験ありませんか?ストレスなどで体の不調を感じるとき、実は唾液の働きも弱まっています。また、睡眠時もあまり出ません。このように唾液を常に多くだすというのは難しいです。ではどのようにすれば唾液の量を増やせるのでしょうか?

唾液を出す唾液腺は口の中にいくつもあります。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3大唾液腺と、小さな腺がいくつもあります。それらの唾液腺から唾液が一番多く出るのは、食事のときです。唾液には歯を守るだけでなく食事を手助けする様々な役割を持っています。良く親から食事の時は30回しっかり噛みなさいと言われたことありませんか?食事の際、良く噛むことが唾液の量を増やすことに繋がります。さらにダイエット効果も期待されます。

唾液は普段から意識していかないと決して増えません。高齢になるにつれて唾液の量は減っていきます。高齢になっていきなり虫歯になるなんて場合もあります。今一度、食事の時に噛むことを意識してみてください。

そうは言っても、近年柔らかい食べ物が増えてきているこの世の中、30回噛むのは相当大変です。そこでお勧めしたいのはガムです。ガムと言ってもフーセンガムなどは糖が多く含まれるため、虫歯予防の観点からは外れてしまいます。噛んで欲しいのはキシリトール配合のガムです。キシリトールにはミュータンス菌の増殖を抑え、唾液の効果を高める役割があります。なので虫歯予防にもってこいというわけです。しかし、ただ噛めばいいというわけではありません。効果を上げるためには次のことを意識してください。

  • 食後30分以内に噛む(歯みがき前に噛む)
  • 大事なのはキシリトール配合率(できれば100%)

食後お口の中は食物残渣がいっぱいです。ガムを噛むことでネバネバした歯垢(プラーク)をサラサラにし、歯を溶かす酸の生産を抑えてくれます。歯垢が落ちやすくなってますので歯みがきもしやすくなります。当院では歯科専用ガム「POs-Ca F(ポスカエフ)」(江崎グリコ&モリタ)を推奨しています。「POs-Ca F」は唾液中のカルシウムイオンとフッ化物イオンの濃度を高め、お口の環境を整えます。

ポイント2 食生活+歯みがき+ガム!

虫歯の状態

歯医者さんに行ったときに、「C1」とか「C2」って言葉聞きませんか?これは虫歯の進行度合いを軽度から重度まで表しているもので、「C0~C4」まであります。これらについてご説明します。

C0

歯の表面のエナメル質が脱灰して白くなっている状態です。痛みはないので自覚症状は全くなく、定期的に歯医者さんに通っていなければ気づきにくいです。とは言え虫歯になる一歩手前なので、この状態の内に治してしまいたいものです。また実際には歯の再石灰化の力を利用して治していきますので、削ったり、詰め物を入れる必要はありませんが、きちんとした歯みがきやフッ素を塗布するなどメンテナンスが必要です(当院ではポスカFをおすすめしています)。

C1

C1歯の表面のエナメル質に小さな穴があいた状態です。少し茶褐色っぽくなる場合があります。痛みを感じるというよりも、冷たいものがしみる程度です。しかし、虫歯は自然治癒するものではありません。虫歯は放っておくととさらに悪化していきます。また、この段階であれば治療の痛みも少なく、その日のうちに治療を終えることが出来ます。歯医者さんに行き、虫歯の部分をきちっと削り詰め物をしてもらいましょう。

部位によっては保険の白い歯(コンポジットレジン)で対応することが出来ます。

C2

C2穴が象牙質まで進行した状態です。ここまでくると、冷たいものや熱いものもしみるようになり、痛みも感じ始めます。治療内容としては、「C1」と一緒ですが、削る部分が多くなるため、治療時間も長くなります。治療回数も削る際と完成した詰め物を入れる日で、大体2回かかります。またエナメル質より象牙質のほうが、虫歯の進行が早いので、痛みを感じたらすぐ歯医者さんに行きましょう。この時、詰め物は銀歯(保険)やセラミックを患者様のご希望に合わせて入れていきます。

C3

C3歯髄(神経)まで進行した状態で、大きな穴が開き歯髄炎を起こすなど激しい痛みが生じます。なにもしてない状態でも、ズキズキ痛みが生じます。ここまでくるとただ単に虫歯の部分を削るだけでなく、壊死してしまった象牙質・歯髄をきれいに除去(根管治療)しなければなりません。4~5回は通院しないといけなくなります。ここまでなるまでに歯医者さんに行ってください。

C4

C4むし歯が歯根まで進行し、歯の根っこだけが残っている状態です。ここまでくると、歯の神経が死んでしまっているため、むしろ痛みがなくなります。けれど決して治ったわけではありません。虫歯はどんどん進行し、その歯には膿がたまり、細菌の巣になってしまいます。そうなると、周りの歯にも悪影響を及ぼしかねません。今すぐにでも、歯医者さんに行くことをお勧めします。

治療内容としては、歯を残せる場合は「C3」と同じ治療になりますが、多くの場合抜歯になります。抜けた部位は入れ歯かブリッジ、インプラント等で補うことになります。7~10回くらいの通院が必要になります。また膿がたまって、歯ぐきが腫れているなど症状がある場合は、さらに通院期間が延びる場合もあります。

ポイント3 ズキっときたら、すぐ歯医者!

すぐ歯医者

人間の身体には、免疫力や抵抗力があり病気やケガを自分で治そうとする力があります。しかし虫歯になってしまった歯は別です。決して自然治癒するものではありません。少しでも歯に違和感がありましたら、歯医者さんに相談してください。歯は他の身体の一部同様、決して失っていいもではありません。なくなった歯は戻らないことを忘れないで下さい。お口は体の健康を守る最初の入り口です。美味しい食事、楽しい会話、若々しい見た目など、QOL(生活の質)の向上のために、歯を大切にしてくださいね。

川口での虫歯治療はうけがわ歯科へご相談下さい

虫歯治療

うけがわ歯科グループでは削る・抜くを最小限に抑え、痛みを軽減する治療を行っております。川口での虫歯治療は当院にお任せ下さい。うけがわ歯科川口は川口駅のすぐ近くにございますので、通院しやすいかと思います。治療についてのご説明も丁寧にわかりやすく行わせて頂きますので、ぜひうけがわ歯科川口までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る