なるべく歯を抜かないために|川口の歯医者|うけがわ歯科

厚生労働省認定臨床研修施設

埼玉県・川口歯科医師会所属

診療時間

ネット予約はこちら

048-256-8148

埼玉県川口市川口4-11-8 大野ビル1F

うけがわ歯科元郷/うけがわ歯科弥平・矯正歯科HP▶︎

なるべく歯を抜かないために

重度虫歯・歯周病でも歯を抜かずに済むように

歯を抜かずに済むように

主に抜歯の原因は「虫歯・歯根破折・歯周病」の3つに大別できると考えております。当院では歯根破折以外の重度虫歯と歯周病の治療にこだわることで歯を抜くということを最小限に留めるようこころがけております。

虫歯による抜歯を避けるために

① 神経を抜かないMTA治療

MTA治療MTAとは、抗菌効果の高い歯科用セメントです。比較的新しい素材で最近発明されました。歯髄(神経)に達した虫歯もしくは、歯髄ギリギリまで進行した虫歯の場合、虫歯を除去した時に神経が露出する場合があります。神経が少しでも露出すると神経に感染が起こるので神経を取らざるを得なくなります。神経を失った歯の寿命は短くなり、将来の抜歯リスクが高まりますが、MTAにより露出歯髄の保護ができる場合があり、神経を抜くことを避けることができる場合があります。

② 歯根端切除術

歯根端切除術歯根端切除術はその名の通り、歯根の端を切除する治療方法となりますが、歯根部分に病巣が見つかり根管治療後で根管内からの治療が難しい場合に行います。根管治療前であれば根管から治療が可能となりますが、すでに根管治療が終わっている場合には根管内はしっかりと固められている状態となります。そのため歯根の端への治療は外側から行わざるを得ません。通常抜歯を勧められることとなりますが、当院ではこのような状態の患者様へは、歯根端切除術で病巣のみを取り除く治療を行っています。

③ 分割抜歯

分割抜歯分割抜歯とは、その名の通り、歯の一部のみを抜歯する方法です。歯の根っこは1本ではなく、複数あります。根っこの病気により改善不可能な侵襲や汚染がある根っこをもつ歯の場合、通常はその歯を丸ごと1本抜歯しインプラントやブリッジにします。しかし、当院では適応条件が揃えば、汚染のある根っこのみを切り取り抜歯して、残りの根っこを残すことで、それを土台として歯を残す分割抜歯という方法を提案しています。

④ エクストルージョンの活用

エクストルージョン虫歯の進行により歯の残っている部分が少なく、被せ物の土台を形成するのが難しい場合には抜歯をしてインプラントやブリッジなどを行うことが多くあります。歯が折れてしまって同様の状態になることも考えられます。ですが、このような状態の歯へはエクストルージョンという方法で抜歯を回避することも可能です。この治療法では歯の根を上に引き上げることにより被せ物の土台を形成できる状態としていきます。当院ではこのエクストルージョンを行い、残っている歯が小さな状態であっても、可能な限り抜歯を回避できるようにしています。

歯周病による抜歯を避けるために

① 歯周内科

歯周内科

歯周内科は抗菌効果の高い歯磨き粉と抗生物質の服用、および歯科医院での歯面清掃という体の内外両方からのアプローチにより歯周病を改善する方法です。重度に進行した歯周病の改善に効果的です。

② 歯周再生療法

歯周再生療法

歯周病が原因で骨がなくなってしまった場合、歯を支えられる歯がグラグラ状態になってしまいます。そんな抜歯待ったなしの状態でも歯周再生療法にて骨を再生させることで抜歯を回避できる場合があります。

③ PDT治療

PDT治療

PDTは光殺菌治療と呼ばれ、歯周病が進行している箇所にジェルを塗り、光を当てることで活性酸素が発生し、活性酸素のもつ強力な殺菌効果により歯周病菌を殺菌し歯周病の改善を目指します。なかなか治らない重度歯周病の救世主として期待されています。

川口の歯科医院で低侵襲治療をご希望の方は当院まで

低侵襲治療

うけがわ歯科では低侵襲治療を行っており、できるだけ削らない・抜かない・痛みが少ない治療を診療方針としています。完全に抜歯を回避できるというわけではありませんが、様々な治療法により抜歯のリスクを軽減することに成功しています。川口にて低侵襲治療を行っている歯科医院をご希望の際には、うけがわ歯科までお気軽にご相談頂ければと思います。

トップへ戻る