なるべく歯を削らないために|川口の歯医者|うけがわ歯科

厚生労働省認定臨床研修施設

埼玉県・川口歯科医師会所属

診療時間

ネット予約はこちら

048-256-8148

埼玉県川口市川口4-11-8 大野ビル1F

うけがわ歯科元郷/うけがわ歯科弥平・矯正歯科HP▶︎

なるべく歯を削らないために

虫歯を削らず治す2つ虫歯治療

2つ虫歯治療

「虫歯=歯を削る」ほとんどの方がこのイメージをお持ちだと思いますが、歯科医療は発展を遂げ、今では削らず虫歯を治す方法が発明されています。その2つの治療をご紹介します。

① 3mix

3mix

3mixとは3種類の抗菌剤を混ぜることで幅広く多種の口腔細菌に対応できるよう調合した薬剤です。虫歯組織の上に3mix-MP抗菌剤をおくとそこに存在する細菌を全て殺す事ができます。そうすれば歯質を削ることがないため、神経に近い虫歯であっても神経(歯髄)を残し、詰める方法で治せる場合があります。また、神経治療にならないことにより、治療時間も大幅に短縮できます。

② カリソルブ

カリソルブ

カリソルブ治療は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して虫歯組織のみを溶かす治療法です。溶けた虫歯はエキスカと呼ばれる器具を使ってかき出すようにして取り除きます。使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限健康な歯質を残すことができることが特徴です。

神経の抜かない、歯を余分に削らない「MTA治療」

MTA治療MTAとは、抗菌効果の高い歯科用セメントです。比較的新しい素材で最近発明されました。歯髄(神経)に達した虫歯もしくは、歯髄ギリギリまで進行した虫歯の場合、虫歯を除去した時に神経が露出する場合があります。

神経が少しでも露出すると神経に感染が起こるので神経を取らざるを得なくなり、神経を取る作業をするために健康な歯質を削り、作業スペースを確保することになってしまいます。

しかし、神経露出が小さな場合は、MTAをそこに充填し蓋をすることで無菌化とさらなる感染防止を行うことができ、神経を抜かずに済み、余分に歯を削らないで済む場合があります。

虫歯の見落とし防止と精密な虫歯治療のために

精密な虫歯治療

虫歯は早期発見であればあるほどその面積は小さく、発見が遅れるだけ虫歯組織は拡大してしまいます。ですから、いかに虫歯を見逃すことなく発見し、すべて正確に取り切れるかが重要です。そこで当院では虫歯の見落とし防止と精密な虫歯治療のために下記3点の工夫を行っております。

① う蝕検知液による虫歯の染め出し

う蝕検知液虫歯部分のみを赤く染めるう蝕検知液は、虫歯に侵されている部分を判別する際に使用します。

どの部分までを削ればよいかを判断しやすくできるため、健康な部分まで削ってしまうことを防げます。また細かな虫歯の見落としも防ぐことができます。

② ルーペ使用による治療視野の拡大

ルーペ使用当院では必要に応じて拡大ルーペを使用した治療を行うことで治療視野を拡大し精密な治療を行っております。

拡大して正確に見ることで健康歯質と虫歯組織の境目を正確に見分けることで歯を削る量を最小限に抑え、また、虫歯の見落としを防ぎます。

③ 極小のバーとエキスカによる精密切削

極小のバー歯を削るドリルは小さめのものを使用しております。また、最後の一層はドリルではなく耳かきのようなもの(マイクロエキスカ)で手動で削り取っています。

切削時間は多少多めにかかりますが、健康な歯質を削ってしまわないために一手間加えております。

定期健診がもっとも歯を削らない診療です

虫歯が早期発見できればほとんど歯を削らずに済みますし、そもそも虫歯にならなければ歯を削ることはありません。虫歯の早期発見や予防には、定期的な健診が必須です。痛みが出たり、大きな黒ずみが歯にできたりして自分で虫歯に気づく頃には、実は歯質奥深くまで虫歯が広がっている場合がほとんです。痛くならないうちに、何も異常が見られない状態だからこそ、定期健診に通い、しっかりチェックを行う重要性について皆様にもしっかりご理解いただきたいと思います。

川口で歯の削りを最小限に抑えた低侵襲治療は当院へ

歯の削りを最小限に抑えた低侵襲治療

うけがわ歯科では歯の削りを最小限に抑えた低侵襲治療を行っています。削る量が少なければその分痛みを感じることを軽減することもできます。川口にてこのような治療方針を掲げている歯科医院をお探しの際には、うけがわ歯科をご利用頂ければと思います。

トップへ戻る